心理効果で食事の量を抑える|新宿ラクル美容外科

14.05.14 / ダイエット / Author:

ダイエットの基本は、「適度な運動と食事量のコントロール」です。しかし運動をするとお腹が空くというのも、回避することのできない根源的な欲求です。そこで、新宿ラクル美容外科クリニックによる今回の美容のお役立ち情報は、心理効果で食べ過ぎを防ぐ方法を取り上げたいと思います。
まず、”色”についてです。料理と盛り付ける皿との色彩の組み合わせが良くないと、美味しくなさそうに見えるとされています。また、調理の際ピンクやブルーといった食紅を加えて奇抜さを演出するのも、味に変化はないものの食欲を減退させます。次に、皿のサイズや形です。コンパクトな正方形の皿を用いると、盛り付けの量を多く錯覚することができます。心理効果を活用することで、ダイエット中の「食べたいのに食べられない」ストレスを少しでも軽減してください。

Comments: 0

« | »