夏のヘアダメージに要注意|新宿ラクル美容外科

18.04.14 / ヘアケア / Author:

新宿ラクル美容外科クリニックが美容のお役立ち情報を紹介します。ヘアケアについてです。
髪は1年の中で特に夏にダメージを受けます。代表的な要因は、強い紫外線、夏バテによる栄養不足、クーラーや冷たい飲み物による体の冷えです。特に洗髪後の濡れた髪はキューティクルが開いており、有効成分が浸透しやすい状態なので、修復力の高いトリートメントを使ったり、酸性のヘアケア剤でキューティクルを整え、ドライヤーとブラッシングで髪に対して上から下に乾かすことでキューティクルが閉じ、ツヤも手触りもアップします。

Comments: 0

« | »