夏のヘアダメージに要注意|新宿ラクル美容外科

18.04.14 / ヘアケア / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックが美容のお役立ち情報を紹介します。ヘアケアについてです。
髪は1年の中で特に夏にダメージを受けます。代表的な要因は、強い紫外線、夏バテによる栄養不足、クーラーや冷たい飲み物による体の冷えです。特に洗髪後の濡れた髪はキューティクルが開いており、有効成分が浸透しやすい状態なので、修復力の高いトリートメントを使ったり、酸性のヘアケア剤でキューティクルを整え、ドライヤーとブラッシングで髪に対して上から下に乾かすことでキューティクルが閉じ、ツヤも手触りもアップします。

トリートメントでサラサラの潤い髪を|新宿ラクル美容外科

17.03.14 / ヘアケア / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックからの今回の美容のお役立ち情報は、ヘアケアについてです。お家でのヘアケアというととても難しく面倒にかんじませんか。ですが簡単なことを習慣にするだけで、少しずつ髪が変化するのです。
例えばお風呂で、シャンプー後、いつものトリートメントを付けて、そのまま髪を蒸しタオルでつつみ、湯船にゆっくり浸かってみてください。お風呂の湯気がちょうどいいスチーム効果をもたらし、いつものトリートメントが何倍も効果を発揮しますよ。きちんとしたヘアケアをおこない、つるつるサラサラの髪を目指しましょう。

洗髪および濡れた髪の乾かし方のポイント|新宿ラクル美容外科

12.02.14 / ヘアケア / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックがお送りする美容のお役立ち情報、今回のテーマは洗髪と濡れた髪の乾かし方についてです。
まず洗髪は、手で強くこすることが汚れ落としであるという誤解が一部で存在します。しかし、強く髪をこすると却ってダメージとなり、抜け毛や切れ毛のもととなります。汚れ落としの基本は地肌なので、髪ではなく地肌に指のハラをあて、押さえるようにマッサージしてください。髪がもつれるようでしたら、シャンプーをつけたままブラッシングをします。
最後に、泡を熱湯ではなくぬるま湯で洗い流してください。次にタオルドライです。ここでも、髪をこすらずタオルで挟んでポンポンと押さえるようにしながら水分を拭き取ります。ドライヤーを用いる際は、20㎝ほど離れた位置から熱風を髪の根本に吹きかけます。全体にまんべんなく吹きかけて、ある程度乾いたら、あとは自然乾燥にしてください。

ノンシリコンシャンプーの何が良いの?|新宿ラクル美容外科

02.12.13 / ヘアケア / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックの美容のお役立ち情報です。
ノンシリコンシャンプーとは、化学反応によって作られたコーティング作用のあるシリコンが入ったシャンプーのことです。シリコンには手触りや髪の艶をアップするなどの効果がありますが、髪を補修したり浸透して保湿するような効果はありません。シリコンを配合していないシャンプーと質の良いコンディショナーを併用することで髪のもつ本来の美しさと健康を取り戻すことができます。使ったことが無い方は、一度使ってみて比べてみるといいでしょう。

美髪にかかせないヘアケア方法|新宿ラクル美容外科

08.11.13 / ヘアケア / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックがお役立ち情報を紹介します。

髪がパサパサして傷んでいると、せっかくかわいいメイクをしたりかわいい服を着ても、台無しになってしまいます。自宅でも簡単にヘアケアができるのが、ヘアパック。お風呂に入浴した時に、髪を洗い流したら、ヘアパックを髪全体になじませます。最近では、すぐに洗い流しても効果があるものが多いようですが、当院では一度髪をタオルで巻いていただいて、湯船に入っていただくことをオススメします。こうすることにより、ヘアパックの補修成分がより髪に浸透します。5~10分くらいしたら、ぬめりが完全になくなるまで綺麗に洗い流しましょう。

シャンプーについて|新宿ラクル美容外科

17.09.13 / ヘアケア / Author: / コメントは受け付けていません。

普段、何気なくしているシャンプーにも意識しておくポイントがあるので、新宿ラクル美容外科クリニックがご紹介させていただきます。

先ず洗う前に髪の生えている方向と反対にブラッシングし、地肌の汚れを浮かせるようにしましょう。そしてシャンプーを使う前にすすぎ洗いをします。シャンプーをしっかりと手のひらで泡立てて、毛先の水気を切った髪の地肌につけていきます。これだけのことを意識するだけで、皮膚への負担がかなり違う物なんです。左右の手を交互に動かして洗う事で頭が揺れてリラクゼーション効果を期待することも出来ますよ。

美しい髪へ シャンプーのポイント|新宿ラクル美容外科

09.08.13 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

普段、何気なくしているシャンプーにも意識しておくポイントというのはいくつか存在します。新宿ラクル美容外科クリニックがご紹介させていただきます。

先ず洗う前に髪の生えている方向と反対にブラッシングし、地肌の汚れを浮かせるようにしましょう。そしてシャンプーを使う前にすすぎ洗いをします。汚れの6割はすすぎ洗いで落ちると言われています。シャンプーをしっかりと手のひらで泡立てて、毛先の水気を切った髪の地肌につけていきます。髪をめくって頭皮を洗う事で毛穴をふさぐ皮脂を洗い流すことがポイントです。更に左右の手を交互に動かして洗う事で頭が揺れてリラクゼーション効果を期待することも出来ます。