甘皮と爪のお手入れを勧めます|新宿ラクル美容外科

07.07.14 / メイク / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags:

新宿ラクル美容外科クリニックの美容のお役立ち情報、今回はご自分での甘皮と爪のお手入れをお勧めします。
張り切ってネイルしていますとおっしゃる方の中には、実はケアが不十分だということが少なくありません。でもネイルがどんなに美しく仕上がっていても、指先がきちんとケアされていないと後々後悔することにもなりかねません。ネイルサロンでなくても、セルフケアは自宅でも十分できます。ハンドクリームやオイルで指先をマッサージすると、甘皮などの感想を防ぐことができます。ケアを習慣にして、指先を健康で美しく保ってネイルを楽しみましょう。

新宿ラクル美容外科が教える眉メイクのポイント

04.07.14 / メイク / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックからの美容のお役立ち情報は、眉についてです。眉は自分で自在に形を変えることが出来ますが、元々の形や骨格を無視してしまうと良くありません。メイクをする時には、その本来の形とのバランスを取りながら、形を整えて行くと綺麗に仕上げる事が出来ます。簡単に印象を変える事も出来る部位ですので、無理に合わない形にするのでは無くて、まずは自分の顔に合った形にする事がとても大切です。新宿ラクル美容外科クリニックからの美容のお役立ち情報でした。

離れ眉で女性らしい雰囲気を作ろう|新宿ラクル美容外科

09.06.14 / メイク / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックからの、美容のお役立ち情報をお送りします。
最近のモテ顔としてトレンドになっているのは「離れ眉」です。
離れ眉はその名のとおり、眉と眉の間にほどよい距離を置いた眉の書き方です。眉の間に距離を置くと、表情がぼやけて目力が弱くなり、女性らしい柔らかい印象になります。ふんわり可愛い赤ちゃんフェイスを目指すなら離れ眉ですね。
鼻が大きい、目が寄っているのがコンプレックスという方は離れ眉が向いています。
離れ眉の書き方のポイントは、眉頭をぼんやりぼかし、眉山は作らないこと。眉尻は伸ばさず短くしましょう。

写真が映えるメイク術|新宿ラクル美容外科

16.05.14 / メイク / Author: / コメントは受け付けていません。

事前にしっかりメイクの確認をしたのに、写真に収まった自分ののっぺり顔にがっかり…。そんな経験を持つ人は、案外多いのではないでしょうか。そこで、今回の新宿ラクル美容外科クリニックによる美容のお役立ち情報は、写真映えするメイク術をご紹介したいと思います。
ポイントは「立体感」です。ホワイトカラーのパウダーもしくはコンシーラーを、鼻筋、目の下、顎先につけます。すると、ハイライト効果により、顔にメリハリと明るさが生まれます。口元は、通常よりも若干濃い目の色味を意識すると程よくなります。
特にリップペンシルは必須なので、輪郭をしっかり作ってください。目元は、まぶたに色をのせることよりもアイラインをキチンとひいた方が、写真に反映されます。あとはイキイキとした表情を見せるだけで、華やぎのある最高の一枚となりますよ。

イタリア人が実践しているアイメイク|新宿ラクル美容外科

12.05.14 / メイク / Author: / コメントは受け付けていません。

メイクの力で目を少しでもパッチリ見せたいという願望は、日本人のみならずアイコンタクトに長けたイタリア人も同様のようです。そこで、今回の新宿ラクル美容外科クリニックによる美容のお役立ち情報は、日本人にも役立つイタリア式アイメイクのテクニックをご紹介したいと思います。
まずマスカラを用いる際、まつ毛が数本ずつくっつくようにつけることで「濃さ」を強調します。つけまつ毛の代用でもかまいません。また普段使いのマスカラの上に、青や紫などのカラーマスカラを毛先だけに重ねづけするとさらに目元が強調されます。マスカラをつけ終わったら、まつ毛の隙間をペンシル型のアイライナーで埋めるのも忘れてはなりません。次のポイントは、「光沢感」のあるアイシャドウ使いです。
パール系の明るいアイシャドウをまぶた全体につけ、光を集めることで印象的な眼差しを演出します。あとはアイラインのすぐ外側に白いペンシルでぼかすように囲いを入れると、イタリア式パッチリ目元の完成です。わざとらしさがなく洗練された仕上がりになるので、ぜひお試しください。

スキンケアは丁寧に行う|新宿ラクル美容外科

26.02.14 / メイク / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックの美容のお役立ち情報です。
メイク落としや洗顔の時に、シャワーのお湯をそのまま顔にかけて洗い流したり、熱めのお湯で洗い流してしまうと、肌の乾燥やシワの原因になります。顔を洗う時は決してゴシゴシ洗わないで、ぬるま湯を手の平ですくって、擦らないよう丁寧に洗い流すようにすると、シワ等の原因にになりにくいです。タオルで顔を拭く時も同様に、優しくタオルを顔に当てて拭き取ります。毎日行うスキンケアだからこそ、丁寧にやる事で、お肌の状態も随分変化していきます。

綺麗な瞳を守るために|新宿ラクル美容外科

21.02.14 / メイク / Author: / コメントは受け付けていません。

視力の強制以外に、おしゃれ感覚でカラーコンタクトを使用している女性は多いと思います。コンタクトは正しい使い方をしないと、眼病を引き起こしますので、注意しましょう。今日は新宿ラクル美容外科クリニックが、コンタクトの正しいケア方法をご紹介します。
まず、よく聞くのが「使用期限を過ぎたけど、まだ平気そうだからつかっている」ということです。使用期限は開封してからカウントされます。使用期限を超過して使用した方の中には、ドライアイ、目に激痛、視力の低下等の症状を訴える方がいます。きちんと使用期限を守り、うるうるの綺麗な瞳を守りましょう。また、ケア方法ですが、コンタクトには専用の洗浄液や保存液があります。水道水には不純物が含まれている可能性がるので、水道水で洗い流すのは止めましょう。

自分でできるネイルケア|新宿ラクル美容外科

06.01.14 / メイク / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックからの美容のお役立ち情報です。
女性の方に多い「ネイル」。ですが、ネイルをする事によって爪は割れ、線が出来たり、ボコボコになってしまう方も多くいます。そんな時には、ネイルケアを行う事が効果的です。自分でできるネイルケアとして、オイルを使用して手やネイルのマッサージが効果的です。オイルに含まれる保湿成分により、水分の少なくなった爪に栄養を補給でき、強く傷つきにくい爪にすることが出来ます。

意外と知らない正しいクレンジングのやり方

20.12.13 / メイク / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックからの、美容のお役立ち情報です。
メイクを落とすための化粧品である「クレンジング」は、意外と正しいやり方がある事は知られていません。正しいクレンジングは、基本「指の力を入れすぎないこと」です。力を入れてしまうと、皮膚や繊維を傷つけてしまい、シワやたるみの原因になってしまいます。また、クレンジングをすすぐ時は、水かぬるま湯でよくすすぐようにして、その後洗顔をして肌からしっかり落とすようにしましょう。洗い残しは肌荒れやニキビの原因となります。すすぐさいも、指に力は入れないでくださいね。優しく洗い流してください。

あぶらとり紙を使うときは|新宿ラクル美容外科

13.11.13 / メイク / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックです。今日はあぶらとり紙についてです。

化粧崩れを防ぐために、あぶらとり紙を使う方は多いと思います。あぶらとり紙は、皮脂を吸収し、テカリを抑えたりしてくれて便利ですよね。しかし、この寒くて乾燥した時期は使い過ぎに注意です。最近のあぶらとり紙はフィルムタイプのものなど、皮脂の吸着性がどんどん高まっています。あぶらとり紙を使いすぎると、必要な皮脂まで吸着し、余計に皮脂が分泌され吹き出物の原因となります。あぶらとり紙を使ったばかりなのに、テカリが気になる場合は、ティッシュで軽く抑えるだけでも十分です。