美白でおすすめの食べ物とは?|新宿ラクル美容外科

04.10.16 / 美容レシピ・食材 / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags:

新宿ラクル美容外科クリニックの美容のお役立ち情報。

今回は美白と食べ物についてです。
人間と言うのは、食べ物から栄養素を採るわけですから、日々の食べ物は重要です。
ホメオスタシス(恒常性維持機能)という機能をご存知でしょうか?
これは、例えば「暑いときに身体の体温を一定に保つ」というような機能のことです。
こうやって身体に栄養を運ぶのですが、老化してくるとそれが衰えるのです。
美白でいうならば、肌がダメージを受けたり老化したら、化粧品で外から、食べ物で身体の内部から江お用を補給することが必要です。
美白効果や抗酸化効果のある成分とそれが含まれた食品はこのようなものです。
「ビタミンC」・・・レモンやオレンジ、トマト、パプリカ、アセロラなど
「β-カロチン」・・・ニンジンやかぼちゃ、ブロッコリーなど
「ビタミンE」・・・ナッツ類やアボガドなど
「リコピン」・・・トマトなど
「アスタキサンチン」・・・サーモン、エビ、カニ、いくらなど
「L-システイン」・・・大豆、小麦胚芽、蜂蜜など

『腸美人』が肌に良い理由をご紹介します|新宿ラクル美容外科

27.06.14 / 美容レシピ・食材 / Author: / コメントは受け付けていません。

今回、新宿ラクル美容外科クリニックがご紹介する美容のお役立ち情報は『腸内環境』についてです。
腸内には、ビフィズス菌に代表される「善玉菌」と、大腸菌に代表される「悪玉菌」が存在します。これらの割合で腸内環境は決まり、それは食生活や生活習慣によって大きく左右されることがわかっています。悪玉菌が増えることで便秘や吹き出物が生じ、また、悪玉菌が作る物質が血流を介して皮膚に蓄積すると、表皮細胞の正常な分化を妨げるのです。皮膚のくすみや乾燥が気になる方は『腸美人』になれるような生活を心がけてみてください。

果物とヨーグルトの組み合わせで綺麗になる|新宿ラクル美容外科

23.06.14 / 美容レシピ・食材 / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科の美容情報ブログ。今回は朝食の定番、ヨーグルトに果物を入れると美容に良いということをお伝えします。
まずはバナナ。バナナは糖質と食物繊維が豊富で、ビタミンB群やカリウムなども豊富に含まれています。朝の身体に糖質は欠かせません。果物なら菓子パンよりもヘルシーですね。次に、りんご。りんごにはペクチン(食物繊維)が豊富に含まれているので、脂肪や塩分を吸収しにくくするという効果があります。皮に含まれていますので、よく水洗いをして皮ごと食べましょう。腸内環境も整えてくれるので、便秘にもいいですね。

ニンニク注射の効能とは?|新宿ラクル美容外科

20.06.14 / 美容レシピ・食材 / Author: / コメントは受け付けていません。

美容に良いと言われる成分はたくさんありますが、今回は新宿ラクル美容外科クリニックが美容のお役立ち情報をご紹介します。
皆さん、ニンニク注射というものがあることをご存知ですか?ニンニクに含まれるアリシンという物質は抗酸化作用に優れていて、肌の老化を防いでくれる名人です。また、セレンというミネラル成分も抗酸化物質であり、色素沈着の予防や疲労回復にも効果があると言われています。美肌の女性が多いことで知られる韓国におけるニンニクの消費量は、一人当たり日本人のおよそ20倍とか。これらを含むニンニク注射が美肌に直接作用してくれるのも納得ですね。

新宿ラクル美容外科|アーモンドを食べよう

11.06.14 / 美容レシピ・食材 / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックからの、美容のお役立ち情報をお送りします。
アーモンドは美容に良い効果があるということを知っていますか?アーモンドには実はデトックス効果や若返り効果があるんです。アーモンドは豊富なビタミンEを含んでいます。アーモンド100gあたりに含まれるビタミンの量は31.0mgです。ビタミンEには、活性酸素による細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、老化のスピードを抑え、生活習慣病の予防をしてくれる効果があります。
また、多くのオレイン酸を含んでいるアーモンドですが、このオレイン酸は悪玉コレステロールを抑えてくれます。
アーモンドは美容を維持するためにもってこいの食べ物なんですよ!

豆乳の最も効果的な飲み方|新宿ラクル美容外科

06.06.14 / 美容レシピ・食材 / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックがお送りする美容のお役立ち情報、今回は「豆乳」をテーマに取り上げたいと思います。
女性ホルモンのエストロゲンと類似する作用を持つサポニンやイソフラボンが豊富に含まれる豆乳は、美容に役立つ飲み物です。もちろんいつ飲んでも良いのですが、その効用を最大限に享受できるのが、生理の約1週間前であることが判明しています。通常女性の身体は、生理前にエストロゲンの分泌が乏しくなります。エストロゲンの減少により身体機能の循環が悪くなり、むくみや便秘、肌荒れを招きます。
しかしそんな時期でも、豆乳を飲むとエストロゲンの代用としてサポニンやイソフラボンを補給できるので、身体機能を正常化へ導き、余計なものを溜め込まずスッキリと過ごせる手助けとなるのです。普段豆乳を飲む習慣がない方でも、生理の予定日の一週間前から始まるまで毎日200mlを目安に、朝飲用してみてください。生理前の不快感が改善されますよ。

肌に良い食材|新宿ラクル美容外科

26.05.14 / 美容レシピ・食材 / Author: / コメントは受け付けていません。

人間の健康は食にあります。これはお肌にも言える事です。美肌になるには肌に良い食材を摂るという事が大切になります。そこで、今回新宿ラクル美容外科が肌に良い食材を紹介したいと思います。
ハリや弾力のある肌になる為に必要なのはコラーゲンです。コラーゲンが多く含まれる食材は鶏皮、手羽先、牛筋、すっぽん、フカヒレ、大豆製品です。そして、シミを防ぐのに必要なのはビタミンCです。ビタミンCはメラニンの生成を抑制してくれたり、コラーゲンの合成に必要であったりと美肌の為には欠かせない成分なのです。ビタミンCが多く含まれる食材はレモンやアセロラ、ゆずなどの果物に多く含まれ、赤ピーマンやパセリ、ブロッコリーなどの野菜にも多く含まれます。美肌になりたいと思われる方は、まずは食事から変えてみてはいかがでしょうか?

ホットワインでキレイになる|新宿ラクル美容外科

19.05.14 / 美容レシピ・食材 / Author: / コメントは受け付けていません。

ヨーロッパの人たちの定番の飲み物で、近年日本でも静かなブームが沸き起こっているホットワイン。体が芯から温まるので、リラックスタイムにはぴったりです。そんなホットワイン、実は美容効果も十分期待できます。というわけで、今回の新宿ラクル美容外科クリニックがお送りする美容のお役立ち情報のテーマとさせていただきます。
まず、ホットワインに用いられる赤ワインには、抗酸化作用を持つポリフェノールが豊富に含まれています。アンチエイジングや血圧の安定などを促す作用をもたらします。また、風味付けに加えられるシナモンやクローブは、代謝を促進させる効果を持っています。同じく風味のアクセントとなるオレンジピールやスライスレモンには、美肌づくりに役立つビタミンCがたくさん含有されています。美味しく飲むだけで美容成分をたっぷり摂取できるホットワイン、未体験の方は今夜にでもぜひお試しください。

毛穴ケアに、ローズヒップ|新宿ラクル美容外科

20.03.14 / 美容レシピ・食材 / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックです。こんにちは。今日は女性の悩み「毛穴」に効果のあるローズヒップのご紹介です。
ローズヒップはバラ科のバラ属の植物です。赤くて丸い実です。ビタミンCはレモン果汁の約20倍以上で、自然界にある植物の中では最も多く含まれていると言われています。このローズヒップ、ビタミンCばかり注目されがちですが、じつはカルシウムや鉄分、ベータカロチン。リコピンも豊富に含んでいます。豊富な栄養で、肌の新陳代謝の促進、美肌・美白効果、ホルモンバランスの乱れの改善、アンチエイジングなどの効果が期待できます。
なんだか女性のための植物と言っても過言ではないですね!ローズヒップと言えば、ローズヒップティーが有名ですね。ローズヒップティーは、原産国であるチリでも、「若返りの秘薬」として飲まれているそうです。ぜひ皆さんも続けて飲んでみてください。

ダイエットの新兵器「干しえのき」|新宿ラクル美容外科

17.02.14 / 美容レシピ・食材 / Author: / コメントは受け付けていません。

様々な調理方法と相性が良く、低価格な「えのきだけ」。常に冷蔵庫に常備しているという方も多いのではないでしょうか。食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富で、栄養面も抜群です。このえのきだけ、実は”干す”とダイエット効果も期待できます。そこで、新宿ラクル美容外科クリニックの今回の美容のお役立ち情報は、「干しえのき」の作り方や活用法についてお伝えしたいと思います。
えのきだけには、”エノキタケリノール酸”という脂質を減少させる独自の成分が含まれていることが近年の研究により明らかとなりました。その一方で、エノキタケリノール酸は、従来の調理では体内に吸収されないという特質も…。しかし、えのきだけをカラカラに乾かすと、デメリットは簡単に解消できるというわけです。干しえのきの作り方は、石づきを包丁で取り除き、1本単位でほぐしてから天日干しにするというものです。あとは水気を失ったえのきだけをフライパンで茶色くなるまで乾煎りしたら、完成です。包丁で細かく切り分けて、密封容器で保存します。出来上がった干しえのきは、炊き込みごはんや炒め物などに用いたり、そのままお湯を加えてお茶として飲みます。特に、お茶での摂取が干しえのきのダイエット効果を最大限に引き出せます。慣れ親しんだ食材の新たな可能性を、ぜひご実感ください。