白髪対策|新宿ラクル美容外科

28.05.14 / アンチエイジング / Author: / コメントは受け付けていません。

白髪でお悩みの方もおられると思います。白髪は加齢によるものばかりではありません。若い人でも白髪を気にしている人はたくさんいます。そこで、今回は新宿ラクル美容外科が白髪対策を紹介したいと思います。
まず、白髪の原因ですが食事の栄養バランスの乱れ、睡眠不足、運動不足、喫煙、ストレスなど、血行を悪くしたり代謝を下げるような生活習慣が主な原因となります。白髪は一度生えるとその部分の毛根からはもう黒髪が生えてくるという可能性はほぼないそうです。ですから、白髪を生やさない生活習慣を身に付ける事が大事なのです。まずは睡眠時間を確保する、髪は寝ている間に成長しますので睡眠不足は髪の天敵です。
次に、白髪は見つけても抜かないという事です。繰り返し抜いていると毛根が死んでしまい、そこから発毛しなくなってしまいます。抜いてしまうのではなく、根元からハサミで切るようにしましょう。食事の面では黒ゴマを多く摂るように心がけましょう。黒ゴマに含まれるたんぱく質は、健康な髪や爪を作り、抜け毛や薄毛に効果があります。
最後にたばこを吸わない事です。喫煙が白髪の原因になることもあります。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させてしまい、頭皮に必要な栄養が行き渡らず、メラノサイトの働きも阻害してしまいます。これらを注意して、健康な髪を手に入れましょう。

睡眠時間を確保しよう|新宿ラクル美容外科

02.04.14 / アンチエイジング / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックでは、女性の為の美容のお役立ち情報を発信しています。
一つ目は睡眠時間を多めに確保するように心がけていただきたいです。その根拠としては、睡眠時間を多めに確保することによって、日頃活発に動いている細胞を若返らせることができる、ということです。最低でも、1日当たり睡眠時間を6時間は取っていただきたいです。あまり寝過ぎても意味がありませんし、忙しい人もいらっしゃるでしょうから、6時間という数字を目安にしてみると良いです。

腸内環境を整えてアンチエイジング!|新宿ラクル美容外科

24.03.14 / アンチエイジング / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックの美容に役立つ情報をお届けするブログです。今日は腸内環境に関してです。
新宿ラクル美容外科クリニックでは、アンチエイジングや若返り治療が人気です。やっぱり女性ならいつまでも若々しく、綺麗でいたいですもんね。ではお肌のために、自分で何ができるか。それは「腸内環境の改善」です。腸は第二の脳と言われており、腸内環境の乱れは、人に多くの不調をもたらします。もちろん、お肌にも影響が出ます。腸が汚れていると、老廃物が障害となり、代謝が悪くなります。そうなると、肌荒れや便秘などが発症します。腸内環境を整えるには、水分の摂取、適度な運動、バランスのとれた食事、睡眠など生活の改善がポイントとなってきます。不摂生な生活していませんか?腸内の若返りは、日ごろのちょっとした生活の改善でできるので、見直してみてください。

たるみ解消「あいうえお」|新宿ラクル美容外科

19.03.14 / アンチエイジング / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックの美容のお役立ち情報。今回は顔のたるみを予防する「あいうえお」をご紹介します。
何のことかと申しますと、顔の体操です。顔の筋肉を鍛えることによりたるみを予防します。
まずは「あ」、口を大きく縦に広げて「あ」の形を作りましょう。10秒間キープします。「い」は口を横にひろげて「い」の形を作ります。息を吐きながら、10秒キープします。つぎに「う」は口と目をゆっくりすぼめて「う」の形を作ります。唇を前に突出し、10秒キープします。「え」は口を立て横に大きく広げるイメージです。目も大きく見開きましょう。これも10秒キープします。最後に「お」、口を縦長に大きく開いて「おー」と言いましょう。
これも10秒キープします。毎日続ければ顔の筋肉が鍛えられますよ。ぜひお試しください。

「若返りホルモン」について|新宿ラクル美容外科

14.02.14 / アンチエイジング / Author: / コメントは受け付けていません。

人は誰しも年を重ねるほど少しづつ老化に向かってゆきます。しかし、老化のペースは人によって異なっているのも確かなことで、近年通称「若返りホルモン」がカギを握っていることが明らかとなりました。そこで、今回新宿ラクル美容外科クリニックは、美容のお役立ち情報としてこの若返りホルモンをピックアップしたいと思います。
若返りホルモンは特別に発見された新成分ではなく、いわゆる成長ホルモンを指します。体の新陳代謝を促して血肉をつくる重要な成分で、免疫力にも深くかかわっているとされています。つまり、成長ホルモンの分泌量が、老化のスピードを速めたり遅らせたりするということです。成長ホルモンの分泌を効率よく促進させるには、22時から翌日午前2時の”ゴールデンタイム”と呼ばれる時間帯に深い眠りに就いていること、筋トレやジョギングなどの運動を継続して続けること、大豆、玄米、鶏肉、チーズ、アボカド、えびといった成長ホルモンの供給源であるアルギニンが豊富に含まれた食材を摂取することなどが挙げられます。若返りホルモンアップに特別な方法はありません。規則的な毎日を送ることが、何よりも大切なのです。

顔のたるみは10歳老けてみられる!?|新宿ラクル美容外科

15.01.14 / アンチエイジング / Author: / コメントは受け付けていません。

こんにちは、新宿ラクル美容外科クリニックの美容情報ブログです。
今日は女性の天敵、顔の「たるみ」についてです。顔のたるみによって、実年齢より10歳は老けて見られると言います。頬の毛穴が楕円形になったり、影クマができたり、法令線が目立ってきたら、要注意です。顔のたるみの原因は、主に顔の筋肉の退化、加齢、紫外線、乾燥と言われています。たるみは、きちんとしたスキンケアと表情筋のエクササイズで防ぐことが出来ます。特に、パソコンを長時間使用する仕事をしている方は、姿勢によって顔がゆがみ、そこからたるみに繋がるので注意しましょう。

冷え性の原因と正しい改善方法|新宿ラクル美容外科

25.12.13 / アンチエイジング / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックからの、美容のお役立ち情報をお送りします。
女性には特に多い「冷え性」。特に足の先は、心臓から最も遠い場所になるため、夏でも氷のように冷たくなって、なかなか寝られない方も多いです。冷え性を改善するためには、血液の流れを良くすることが効果的です。温かい飲み物を飲んだり、マッサージも血流が良くなるのでお勧めです。一番のオススメは、半身浴です。半身浴は体の芯から温まることが出来ます。また、デトックス効果もあるので、お勧めですよ。38度くらいのお湯に、お腹までつかり、20~30分無理のないように体を温めましょう。水分補給は忘れずにしてくださいね。

骨粗しょう症にならないための生活習慣とは|新宿ラクル美容外科

16.12.13 / アンチエイジング / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックの美容のお役立ち情報、今回は骨粗しょう症です。
女性ホルモンであるエストロゲンの減少により、年齢と共に骨が弱くなってしまうということで、特に女性は注意する必要があります。これを防ぐには、カルシウムを適切に取ることが重要だと言うのは知られていますが、その他にも日光に当たる、運動することなどを合わせて行うことも大切です。お勧めする運動は「散歩」です。これなら道具も必要ありませんし、日光を浴びることと筋力を鍛えることなどが同時に行えます。

半身浴のススメ|新宿ラクル美容外科

28.10.13 / アンチエイジング / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックが美容に関するお役立ち情報を紹介します。今日は半身浴についてです。

半身浴は、体に良い入浴法として注目を集めています。ぬるま湯にゆっくりと、下半身だけ浸かるという入浴方法になります。血液の循環を良くしたり、体を温める作用が強いのが、この半身浴という入浴方法になります。ポイントとしては、水分補給をしっかりしながら、体の老廃物を排出する働きを高めることができるという特徴があります。忙しいとついシャワーだけになってしまう方は、是非、試してみてください。冷え性の改善も期待できます。

二重あごの原因|新宿ラクル美容外科

07.10.13 / アンチエイジング / Author: / コメントは受け付けていません。

新宿ラクル美容外科クリニックが二重あごの原因とその解消法についてご紹介します。鏡や写真を見てガッカリ…二重あご!二重あごの原因を知ることで、二重あごを解消していきましょう。

二重あごの原因についてお話します。まずは肥満。太ると皮下脂肪が増えてリンパの流れが悪くない、むくみやセルライトができます。消費カロリーを減らし運動するなどのダイエットが必要です。そしてたるみ。筋肉は使っていないと弱くなります。それがたるみの原因。アゴ周りの筋肉が弱くなっているために、たるんで二重あごに見えるのでしょう。老化と共に筋肉は弱りますので、加齢によってたるみが起こりやすくります。食べ物を噛む回数を増やす、顔の筋力を高める顔のストレッチをするといったことが効果的です。